FC2ブログ

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2010/01/23

標高8000メートルで命がけの清掃登山

野口健氏が行ったことで日本でも認知されるようになりました。

ヒマラヤの清掃登山は、以前から有志たちが時々実施してはいましたが、
日本では、残念ながらそれまであまり考えられては来ませんでした。
しかし、最近ではシェルパ自身が環境意識が高まり、自分たちの職場でもあることから
ベースキャンプからサウスコルあたりまでは、かなり行われるようになってきています。

今回は、サウスコルより上、つまり、8000m以上の清掃を計画しているようです。
これは、熟練のシェルパたちだから出来ることで、いわゆる「登山者」には、
到底無理な計画です。(苦笑)

しかしながら、ゴミを捨てているのはこの「登山者」たちであり、シェルパはガイドするのが
仕事である。
彼らだけなら、こんなゴミは出ないのである。

「デスゾーン」と呼ばれる、人間がいてはいけない高度に踏み込んで、結果、山を汚す
という、悩ましい事態は、当事者である風のヤマオヤジとしても、忸怩たるものがある。
出来るものなら、自分で行って片付けたい。(苦笑)


標高8000メートルで命がけの清掃登山、エベレストの熟練シェルパたち
2010年01月22日 12:40 発信地:カトマンズ/ネパール
エベレスト山(8848m) 世界最高峰 ネパール側

【1月22日 AFP】世界最高峰エベレスト(Everest)登山のガイド役を務めるネパールのシェルパたちが、リスクを冒して標高8000メートル以上での清掃登山を計画している。

 1953年のエドモンド・ヒラリー(Edmund Hillary)卿とシェルパのテンジン・ノルゲイ(Tenzing Norgay)氏による初登頂以来、エベレストに登頂した登山者はおよそ4000人に上る。だが環境活動家によると、彼らの遠征で出たゴミや遭難者の凍結遺体は放置されたままだ。

「エベレストは美しさを失いつつある。頂上には今や酸素ボンベや旗、ロープ、古いテントなどが散乱しているし、少なくとも2体の遺体が何年も放置されている」と、今回の清掃登山計画のリーダー、ナムギャル・シェルパ(Namgyal Sherpa)さん(30)。これまでに7回登頂したという彼をはじめ、2トン以上のゴミを片付けるための清掃登山に参加するのは、いずれもエベレスト登頂経験豊かな20人の熟練シェルパたちだ。

 エベレスト清掃登山は過去にもたびたび行われているが、標高8000メートル以上の「デスゾーン(死の領域)」での清掃は史上初めてだという。

 登山は4月末に開始され、デスゾーンを何度も往復しながら1往復につき15キロずつゴミを回収していく予定。計画にはネパールの首相も賛同しており、現在登山に要する1500万ルピー(約2900万円)の寄付金集めが行われている。

■「ゴミ持ち帰り義務」の盲点

 ネパール観光当局によると、エベレスト登山者にはゴミをすべて持ち帰ることが義務づけられており、遠征には監視のために複数の政府職員も同行するが、彼ら自身は頂上まで登れないこともあり、監視は甘くなってしまうという。

 ナムギャルさんは、「登山を通じて、政府や登山者に対し、エベレストを保護することの大切さを伝えたい。エベレストは世界に1つしかないのだから」と語った。(c)AFP/Deepesh Shrestha



無理なものは無理、なので、資金面でのサポートをすることで、協力をしたいと思います。

この高度にいくら慣れているシェルパたちでも、実際に清掃登山をするとなれば、命懸けである。
遺体も何体かあるようだし・・・。(汗)

どの程度のものになるかはわかりませんが、とにかく無事でいて欲しいと願うだけです。

・・・・・ あぁ、行きたい!(笑)
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール
風のヤマオヤジとは?

風のヤマオヤジ

Author:風のヤマオヤジ
山登りと、山岳環境保護のため、北海道から信州に移り住んだ私。
登山歴 35年 一年中、山を求めて歩いています。

ひよこカウント
ご訪問ありがとう
メールフォーム
気軽に何でもメールしてください。
お待ちしています。

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報
登山の前に、必ずチェック!
登山の基本です!

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。