FC2ブログ

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2009/12/20

片山右京さん、活動は継続するべきです

悲しいニュースが入ってきました。(涙)
しかし、ここで活動をすべて中止して、友人たちが喜ぶのでしょうか?

自分の責任 悲しみこらえ右京さん会見
2009年12月20日   asahi.comより

元F1レーサーの片山右京さん(46)らが富士山登山中に遭難した事故で、安否の分からなかった2人は遺体で見つかった。「助けられなかった。全部自分の責任です」。対面後、片山さんはうつむき、泣き声を上げた。


 御殿場署によると、収容された男性2人の遺体は、東京都八王子市元八王子町2丁目、宇佐美栄一さん(43)、横浜市港北区大倉山3丁目、堀川俊男さん(34)。
 県警山岳遭難救助隊は同日午前6時ごろ、12人体制で富士宮口登山道から入山した。寒さや強風によって、捜索は難航が予想されたが、同日午後0時40分ごろ、標高約2800メートルの御殿場口登山道とその南側に通る下山道大砂走りの間で、2遺体を発見。登山道の雪のないところまで運び、そこからヘリでふもとまで搬送した。


 片山さんは同日午前9時から同署で待機し、2人の発見を待った。同署によると、片山さんは遺体と対面した際、しばらくは気丈にふるまっていたが、2人の顔をなでていると急に泣き崩れたという。対面後、片山さんは事務所のスタッフに両脇を抱えられ、会見場所に現れた。強風の中、寝ていたテントとともに吹き飛ばされた仲間のことを振り返ると、しばらくうつむいていた。


 会見で事務所のスタッフが遺族のコメントを読み上げた。堀川さんの父親の和男さん(68)は「若くして亡くなったのは親として残念なことですが、喜んで出掛けた美しい富士山で仲の良い先輩と最後を一緒にできたことは幸せだと思う」とコメント。宇佐美さんの妻の直子さん(45)は「思い残すことはたくさんあるが、好きな山で逝(い)くことができてよかったと思います」との文面を寄せた。それを聞いた片山さんは嗚咽(お・えつ)をもらした。


 片山さんの事務所は、片山さんが予定していた来月の南極大陸への挑戦や、2月のスノートレッキングの活動は中止とすると発表した。



山岳活動では、すべて「個人責任」であるべきであり、現にそうだ。と断言します。
「すべて、自分の責任です。」なんて、あり得ません。
それこそ「偽善」になるでしょう。  すべての責任など、登山活動において負えるわけがありません。
もし「すべての責任」を負うのならば、二人を下ろすべきでした。
しかし、現実問題としてそんなことは出来るわけがありません。
冬の富士山は、それほど厳しい場所なのですから・・・。

であれば、「すべての責任」などは、はじめから負えないのです。
ましてや、南極登山のトレーニングとして富士山に入ったわけですから、それ相応の力量と覚悟があったはずです。

K2登山のトレーニングに穂高連峰に入って遭難した一流の登山家もいます。
登山とは、そういうものなのです。
趣味でやる「山歩き」とは、次元の違う世界なのですから、自分を責めるのは止めてほしい。

ここで活動を中止しても、誰も喜びません。

世間体でこういう発言をしているとしたらば、それこそ「偽善者」と登山界では言うでしょう。
私もそう言います。

右京さん、活動を継続するべきです。
南極に行ってください!

そして「ビンソンマシフ」の登山を成功させて帰ってくるべきです。

今回の件を引きずって登山をすれば、植村直己のように、遭難するでしょう。

フアンの為にも、南極登山を成功させて、区切りをつけるべきだと思います。
それが自分に打ち勝つ、ただひとつの方法だと、私の経験からも進言します。

アドベンチャーに危険はつき物です。
こんなことで負けてはいけません。

私は、応援していますよ!

pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール
風のヤマオヤジとは?

風のヤマオヤジ

Author:風のヤマオヤジ
山登りと、山岳環境保護のため、北海道から信州に移り住んだ私。
登山歴 35年 一年中、山を求めて歩いています。

ひよこカウント
ご訪問ありがとう
メールフォーム
気軽に何でもメールしてください。
お待ちしています。

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報
登山の前に、必ずチェック!
登山の基本です!

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。