FC2ブログ
登山初心者専門コンサルタント~ 山登り/アナタの何でも相談室

初心者のアナタのために、初心者専門の「登山コンサルタント」が誕生しました。お気軽にご連絡ください!


プロフィール 

風のヤマオヤジとは?

風のヤマオヤジ

Author:風のヤマオヤジ
山登りと、山岳環境保護のため、北海道から信州に移り住んだ私。
登山歴 45年。  只今、登山休止中。

なが~~く、友達でいよ~ぜ!


ひよこカウント 

ご訪問ありがとう

また来てね~


メールフォーム 

気軽に何でもメールしてください。
お待ちしています。

名前:
メール:
件名:
本文:

メールありがとう


カテゴリー 


天気予報 

登山の前に、必ずチェック!
登山の基本です!


-天気予報コム- -FC2-

安全登山を身につけましょう!


検索エンジン 

アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録
<ニコニコネットの
サーチエンジン、
パート3>

ページランクブログ


大雪山系遭難、旅行会社社長ら聴取 ガイド2人は初行程

予備日の設定が無かった。
これは、計画に無理があったと言わざるを得ない。  帰りの飛行機の予約をしてあった
らしいが、そんなものは、変更すればいい話であろう。
いい訳にはならないし、それを優先する話でもない。

アミューズは、こういう日程を組んだ事に責任を持たなければならない。
力のある会社だけに、非常に残念である。

大雪山系遭難、旅行会社社長ら聴取 ガイド2人は初行程
2009年7月18日 朝刊

 愛知県内の中高年の登山客ら10人が死亡した北海道・大雪山系の遭難で、道警は17日、ツアーを主催したアミューズトラベル(東京都千代田区)の松下政市社長(50)らから任意で事情聴取した。荒天でなぜ登山を続行したのかや、安全管理に問題がなかったかなどの経緯を中心に、業務上過失致死容疑で調べを進める。



長年の実績で、慣れによる計画の甘さがあったように思われます。
厳しいようですが、はっきり言って「計画に無理があった」のです。

また、どうもガイドの力量が怪しい。
ガイド同士のリーダーシップの取り方に問題があったのではないかと、
自分の経験からして、疑っています。

力量が同じような場合、声の大きい人がリーダーになる傾向が日本人の場合
よくあります。  声が大きいと言うのは、押しの強い人、という意味ですが・・・。

その人の力量が劣る場合、パーティは得てしてこういう風に、バラバラになります。
ガイド同士が、夫々に判断してしまうからです。
今回の場合、夫々のグループがリーダーであるガイドの判断で、バラバラに行動した
可能性があります。

そうでなければ、こういう遭難の仕方にはならないと思われます。
あまり、憶測で言ってはいけませんが、ガイド同士の連携の欠如が招いた
遭難事故といえるかもしれません。


ただし、登山は「個人責任」の世界ですから、登山客自身が自分の力量を
考えて、非難小屋に留まるという判断も出来たはずです。
また、それくらいの実力が無ければ、こういう難しい山に登ってはいけないのです。

ガイドだけを責めるような、愚かな事は避けて欲しいと思います。


登山ツアーには、こういう問題点があるということを、充分に認識して
自分の判断力も磨いておかなくてはなりません。

自分の実力で登れる山なのかどうか?

リーダーは、他人をサポートしながらでも、登山が出来る力を持っているのか?


安全第一主義を最優先に考えて、ツアーを組んで欲しいものです。


登山ツアー「引き返す勇気を」 山岳関係者が呼び掛け2009年7月18日

 登山ツアー客ら10人が死亡した北海道・大雪山系の遭難事故。県内の北アルプスでもツアー登山が目立ち、救助要請も少なくない。夏山シーズンの中、山岳関係者はツアーの“落とし穴”を指摘しながら「夏山は天候が急変しやすい。引き返す勇気も持ってほしい」と呼び掛けている。

 「何かあったときに対処できないガイドでは困る」。民間人でつくる北飛山岳救助隊の竹腰藤年隊長(60)はこう語る。数年前、ツアーにけが人が出て救助要請があった。ガイドが参加者の名前も住所もすぐに答えられないケースがあった。一行が顔を合わせたのは登山口行きのバスに乗ってからだったという。

 また、別のツアーでは昼間の下山中にけが人が出たが、ガイドの判断が遅れて届けが夜になり、日付が変わったころに救助を終えたこともあった。

 県北アルプス山岳遭難対策協議会(飛騨市神岡町)や、救助隊員や県警山岳警備隊員が詰める北ア登山口の新穂高登山指導センターでは、旅行会社から山の状況などの問い合わせがあった際、装備を確認したり知識豊富なガイドを付けるよう要請したりしている。竹腰隊長は「ちゃんとしたガイドもいるが、もっと専門知識を持ってほしい」と注文する。

 別の救助隊幹部は「初対面で、しかも不特定多数の中で、ガイドが参加者の体力を見極めるのは正直難しい」とツアーの限界を指摘。その一方、参加者の間には絶対安全との意識を持っている人も少なくないという。

 北ア山岳遭対協は「夏山といっても、朝晩の寒さは厳しく凍死することもある。天候も変わりやすいので無理はしないでほしい」と話している。

 (並木智子)




     =============================

大雪山系遭難、旅行会社社長ら聴取 ガイド2人は初行程
2009年7月18日 朝刊

 愛知県内の中高年の登山客ら10人が死亡した北海道・大雪山系の遭難で、道警は17日、ツアーを主催したアミューズトラベル(東京都千代田区)の松下政市社長(50)らから任意で事情聴取した。荒天でなぜ登山を続行したのかや、安全管理に問題がなかったかなどの経緯を中心に、業務上過失致死容疑で調べを進める。

 日本山岳協会によると、夏山の悪天候による遭難としては、過去最悪の規模。道警によると、アミューズ社のツアー参加者は全国各地から13日に飛行機で北海道入り。14~16日に山中の避難小屋に2泊し、登山客15人がガイド4人と旭岳からトムラウシ山まで40数キロを縦走する予定だった。

 遭難した16日は風雨が強く、パーティーは散り散りになって登山客らの男女8人が死亡。道警は新たに広島市佐伯区の植原鈴子さん(62)と浜松市浜北区の市川ひさ子さん(59)を確認した。

 計画表によると、行程は1日の歩行距離が長く標高差もあり、天候急変の対応も困難。だが緊急時の延泊などを見込んだ予備日がない一方で、17日には帰りの飛行機の便が設定されており、道警は日程に無理がなかったかも調べる。

 同社によると、途中で別行動になった1人を除くガイド3人のうち、1人だけがこの行程を十数回経験していたが、ほか2人は同社のガイドとして初行程だったという。


 美瑛岳のツアーはオフィスコンパス(茨城県つくば市)が主催。女性客3人と男性ガイド3人が3泊4日で十勝岳などを縦走する予定だったが、女性1人が低体温症で死亡した。

 事故を受け、アミューズ社の松下社長は17日午後から北海道帯広市で記者会見し「本当に申し訳なく思っています」と謝罪。社長を辞任する意向を明らかにした。

 同社のツアーでは2004年と08年に別の山で2件の滑落事故が起き、2人が死亡していることも明らかにした。トムラウシ山のツアーは00年ごろから18回ほど行われ「これまで危ない事態になったことはなかった」と説明した。

 松下社長は17日夜、遺体が安置された新得町の体育館を訪れ、遺族に謝罪した。

死亡した登山者
 北海道警や旅行会社の発表で名前や住所が確認された方々は次の通り。

 ▽トムラウシ山 木村隆さん(66)=名古屋市、川角夏江さん(68)=同、味田久子さん(62)=同、竹内多美子さん(69)=愛知県弥富市、岡恵子さん(64)=岡山県倉敷市、吉川寛さん(61)=広島県廿日市市、植原鈴子さん(62)=広島市、市川ひさ子さん(59)=浜松市

 ▽美瑛岳 尾上あつ子さん(64)=兵庫県姫路市

 ▽トムラウシ山で単独登山していて死亡しているのが見つかったのは茨城県の男性(64)とみて、道警が身元確認を急いでいる。
     --------------------------------
関連記事
2009/07/18 11:41|最新山と温泉情報TB:0CM:0


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://tozansupport.blog31.fc2.com/tb.php/720-65dc2577


スポンサードリンク 


QRコード 

携帯電話から簡単アクセス

QRコード


山情報のリンク 

お気に入りに登録する

お気に入りに登録する


RSSフィード 

ご自由にどうぞ!

Copyright(C) 2006 登山初心者専門コンサルタント~ 山登り/アナタの何でも相談室 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. まとめ template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.