FC2ブログ

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2009/07/17

大雪山系遭難、中高年ツアー客ら10人死亡 ~季節を甘く見るな!

最悪の結果となってしまった。

やはり予想したように、風雨が強く、真冬並みの気温であったようだ。
こういうときに衣服などが濡れると、急激に体温を奪われる。
低体温症になると、体が動かなくなり、全く歩けなくなります。

さらに食欲も無くなり、どんどん体力を失うのです。
こういう時には、動かずに「高カロリー食品を食べる」のも有効です。
とにかく、衣服が濡れるのを極力避けなければなりませんし、濡れたら「着替える」
位のことをしなければ、寒さを凌ぐことは出来ないのです。

そのために、「縦走登山」では、着替えやコンロ、ツエルトは必携です。
とくに北海道では、山小屋でも管理人はいませんから、すべてを自分で用意しなければ
なりません。
北アルプスのような「営業小屋」は、全くありません。

その辺を甘く見ると、今回のような事になるのです。

大雪山系遭難、中高年ツアー客ら10人死亡

 北海道・大雪山系トムラウシ山(2141メートル)と美瑛(びえい)岳(2052メートル)で16日、悪天候のため登山客ら計2組24人が下山できなくなった遭難事故で、道警は17日未明から救助活動を開始した。

 トムラウシ山では18人のパーティーのうち8人が死亡したほか、1人で入山していた別の男性登山客が山頂付近で死亡しているのが、新たに見つかった。南西約15キロにある美瑛岳では、救助要請していた6人のパーティーのうち女性登山客が死亡。大雪山系での死者は10人となり、いずれも50~60歳代だった。



下山した人たちの話を総合すると、ガイドに判断力が無かったようです。
こういう時に、山小屋を出る、と言う行動は、はっきり言って「間違っています」。

特にツアー登山の場合は、各人、実力や体力が違うのですから、万全な行動が
要求されるのです。
途中で、メンバーが動けなくなったのなら、山小屋に引き返すべきでした。

行動しながらメンバーがバラバラになる、などと言うのは、論外です。
一人でも動けなくなったら、その場でビバークするか、小屋に引き返すのが常識です。
この状態で登山行為を継続するなんて、ガイドとしての力量が疑われます

ましてや、今回のメンバーは中高年ばかりなのですから、無理な行動は避けるべきです。
予備日の設定は無かったのでしょうか?
アミューズのツアーですから、当然、予備日を設定していたはずですが、どうしてこういう
無理な行動をしたのかが、イマイチ、理解できません。

それほど、信じられない行動なのです。

北海道の山は、緯度が高いだけに、2000m級の山でも、本州の3000m級の山に
匹敵します。
しかも、天候の変化は、本州より早いのが知られているのです。
ガイドは、当然そのことを知らなければなりません。  登山客も然りです。


今回の遭難は、起こるべくして起こったとしか、いいようがありません。
非常に残念であり、今後に深い禍根を残す事になるでしょう。

アミューズよ、猛省せよ!

pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール
風のヤマオヤジとは?

風のヤマオヤジ

Author:風のヤマオヤジ
山登りと、山岳環境保護のため、北海道から信州に移り住んだ私。
登山歴 35年 一年中、山を求めて歩いています。

ひよこカウント
ご訪問ありがとう
メールフォーム
気軽に何でもメールしてください。
お待ちしています。

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報
登山の前に、必ずチェック!
登山の基本です!

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。