FC2ブログ

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2009/07/17

大雪山系で遭難、1人死亡=悪天候で2組24人-4人は下山・北海道

トムラウシ山(2141m)~大雪山系

大雪山系で遭難、1人死亡=悪天候で2組24人-4人は下山・北海道

 北海道大雪山系の美瑛岳(2052メートル)で16日午後、登山パーティー男女6人が悪天候で下山できなくなり、うち女性1人が死亡した。同山系のトムラウシ山(2141メートル)でも計18人が遭難、4人は無事下山したが、道警は17日早朝から、救助に向かう。(2009/07/17-02:21)



又、ツアー登山で遭難が起きたようだ。

この種の遭難の形として、メンバーがバラバラに下山しており、メンバー相互間にまったく連携が
見られない、と言う特徴がある。
要は、自分だけでも早く下山したい、という、登山客の希望にガイドが逆らえない環境がある。

天候よりも、自分たちの予定が優先されるからだ。

この考え方が変わらない限り、この種の遭難は無くならないだろう。

梅雨のない北海道とはいえ、雨も降れば風も吹く。
この時期の北海道は、急に気温は、冬になるのである。

主催したアミューズは、実績のある旅行会社ではあるが、天候と客には勝てない
また、ガイドが責められることになるのだろう。

登山行為は、究極の「個人責任」の世界である。
いかにツアー登山とはいえ、ガイド一人が責任を負えるわけではない。
参加者全員が、目前の難題に対処できなければならない。

それが「登山」なのである。

力も無いのに、安易にツアー登山に参加するべきではないのだ。
そして、参加した以上、全責任を自分で負う覚悟がなければならない。

それが「登山」なのである。


遭難者のご冥福と、幸運を祈る!  


pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール
風のヤマオヤジとは?

風のヤマオヤジ

Author:風のヤマオヤジ
山登りと、山岳環境保護のため、北海道から信州に移り住んだ私。
登山歴 35年 一年中、山を求めて歩いています。

ひよこカウント
ご訪問ありがとう
メールフォーム
気軽に何でもメールしてください。
お待ちしています。

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報
登山の前に、必ずチェック!
登山の基本です!

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。