--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2009/06/08

雷鳥発見! 生きていた?  白山

発見が一羽だけでは、何とも評価しにくいですが、つがいで見つかれば
「生息」と断定される事になるでしょうか。

何度と無く登っている「白山」ですが、私も雷鳥を見たことがありませんでしたから、
不思議な感じがします。(苦笑)

以前、剣岳で「コマクサ」が発見された時のように、人為的なもので無ければいいのですが・・・。

「白山では絶滅」したはずのライチョウを確認…70年ぶり

雷鳥親子記事とは、関係ありません

環境省中部地方環境事務所(名古屋市)は5日、白山国立公園内の石川、岐阜両県にまたがる地域で、国特別天然記念物のライチョウが見つかったと発表した。白山でライチョウが確認されたのは、昭和初期以来約70年ぶりという。


 発表によると、登山者から「5月26日にライチョウらしい鳥を見た」との情報が石川県白山自然保護センターに寄せられ、同センターの職員が2日、羽が生え替わったばかりの雌のライチョウ1羽(成鳥)を発見した。詳しい発見場所は公表されていない。

 同事務所によると、主に本州中部の高山のハイマツ帯に生息するライチョウは現在、北アルプスと南アルプス、乗鞍岳などで確認されている。絶滅危惧(きぐ)種に指定され、生息数は約3000羽と推定されるが、2000羽以下という説もある。白山や中央アルプス、八ヶ岳、蓼科山では絶滅したとされている。白山では明治以降に激減、昭和以降には確実な生息記録が得られていなかった。

 ライチョウの生態に詳しい長野県大町市立大町山岳博物館の宮野典夫副館長は、「雌1羽だけでは『生息』とはいえず、別の場所から移動してきた可能性もあるが、白山での発見は喜ばしい。今は産卵を控えた時期で、移動して来たのならば、2~3月頃だろう。近くに雄がいるかどうかなど、今後の情報に期待したい」と話している。

(2009年6月6日04時43分 読売新聞)

pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール
風のヤマオヤジとは?

風のヤマオヤジ

Author:風のヤマオヤジ
山登りと、山岳環境保護のため、北海道から信州に移り住んだ私。
登山歴 35年 一年中、山を求めて歩いています。

ひよこカウント
ご訪問ありがとう
メールフォーム
気軽に何でもメールしてください。
お待ちしています。

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報
登山の前に、必ずチェック!
登山の基本です!

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。