上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop
読者の方から質問メールが来ております。

最近「山ガール」ブーム?の影響か、若い女性の方が「山に行きたいが、どうすれば・・・」
という質問が増えていますので、お答えしたいと思います。


基本的に

初めての登山者が
一人で山に入る

ことは、「無謀」です。  おやめください。


でもね・・・(笑)

場所によっては、行けない事は無いんです。

こんなことを私が言ったら、「コラ!」っと、「天の声」が聞こえそうなんですが、
せっかく「山に行きたい」と言う人が居るのに、「ダメ!」では「相談室」の意味が無い。(苦笑)


そこでアドバイス。

「地元で手軽に登山」できる標高の低い山をお勧めします。(1000以下位)
自宅から見える近くの山はありませんか?

地図を買って来て、その山の名前を調べましょう。
近くの山って、意外と人が少なくて、静かな山歩きが出来る所が多いですよ。
近すぎて「いつでも行ける」の気持ちがあるので、行かないからです。(笑)

テントを使いたければ、その山の頂上にでもテントを張って、泊まればいいのです。

でも、一人で夜中テントで寝るのは、結構、勇気が要りますよ。(笑)
普段聞こえないような「音」がするので、意外と眠れないものです。

山でなくても、近くのキャンプ場でテントで寝る練習をするのも方法です。
地元のキャンプ場って、泊まる人はあまり居ませんよ。(笑)


初心者であれば、その辺から入るのが無難でしょう。
いきなり本格的な登山は、出来るわけがありませんから・・・。(苦笑)

登山は「経験」が物を言う世界です。
にわか仕込みの「知識」では、登山はできません。
少しずつ「経験」を積むしか方法はありません。


どこかの山のグループに入って経験を積むのが「一番簡単」なのです。
「登山同好会」で検索すれば、売るほどヒットするでしょう。(笑)

私の地元(長野県飯田市)にも「風越山(かざこしやま)」という1500mほどの
手ごろな山があります。地元の象徴のような山ですが、普段はあまり人が入りません。
道はバイクが登れるような広い道なので迷うこともありません。

静かな山登りが出来ます。


もちろんテントを張って寝られる場所もいくつもあります。
が、私はまだ、テントを張って寝たことがありません。

何故かって?

ははは、熊が出るからです。(笑)


一人ではとてもじゃありませんが、寝られたものではありません。(苦笑)



まあ、身近なところからはじめるのが、登山を長く続けるコツでもあります。
無理をせず、手軽なところからはじめてください。


このサイトの左側にカテゴリーがたくさんありますから、ひととおり読んでください。

特に

山の心得とルール
山の選び方
山の道具
登山地図の読み方

は、必ず読んでおいてください。

損はしませんから。(笑)


ひとりで山に入るのは「危険」が伴う。
ということは、強く認識しておく必要がありますよ。


では、楽しい登山をしてくださいね。


by  風のヤマオヤジ


pagetop
プロフィール
風のヤマオヤジとは?

風のヤマオヤジ

Author:風のヤマオヤジ
山登りと、山岳環境保護のため、北海道から信州に移り住んだ私。
登山歴 35年 一年中、山を求めて歩いています。

ひよこカウント
ご訪問ありがとう
メールフォーム
気軽に何でもメールしてください。
お待ちしています。

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報
登山の前に、必ずチェック!
登山の基本です!

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。